ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

上川防除合理化圃場試験中間検討会~畑作部門~

2021/08/31
  • 施防協試験

 7月14日、令和3年度防除合理化試験について、現地圃場で検討会が行われました。
 上川地区においては、畑作分野で計7試験が実施されています。今回はその中で「大豆一年生雑草に対する株間処理除草剤の効果確認」について紹介いたします。

上川防除合理化圃場試験中間検討会~畑作部門~

 中耕以降の大豆生育期における除草作業の省力化を目的として、万能散布バー(アシュラノズル)を用いた除草剤株間散布の実用性を確認しています。大豆7葉期に散布を行った結果、散布5日後の時点で畦間・株間のシロザや野良生え小豆に対して高い除草効果が得られました。大豆の下位葉には薬害がみられましたが、現時点で収量に影響はない見込みとなっています。
 今後は生育調査や収量調査を実施し、普及性の判断をする予定です。

 

上川防除合理化圃場試験中間検討会~畑作部門~

上川防除合理化圃場試験中間検討会~畑作部門~

参考資料
・だいずの畦間・株間の除草、近道はバスタ!| BASF除草剤 バスタ
https://www.basta.jp/how-to-apply-on-soybean
 
・万能散布バー|北糖農機具販売|北海道糖業株式会社
https://www.hokutou.co.jp/nouki/sanpu/sanpubar.html
 
(参考)施肥・防除合理化推進協議会とは
施肥・防除合理化推進協議会(施防協)では適切な営農指導及び生産者の所得向上等に寄与するため、1980年代から全道で様々な活動を実施しており、これまで約40年で8,000を超える課題に取り組んできています。

 



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...