ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

新規水稲中後期除草剤の紹介

2021/06/30
  • 農薬商品情報

  水稲の除草場面において、一発剤の散布遅れにより雑草を取りこぼす場合がありますが、今回、高葉齢の雑草に対しても高い活性をもつ「フロルピラウキシフェンベンジル(通称:リンズコアTM)」を含む除草剤が新たに販売となりましたので、ホクレン肥料農薬部よりご紹介いたします。
 
1.ロイヤントTM乳剤  
 新規有効成分「フロルピラウキシフェンベンジル」を有する合成オーキシン剤で、雑草のオーキシン作用を乱して枯死させます。
 既存剤と比較して効果が現れるのが早く、さらに耐雨性に優れることがメーカー試験により確認されています。
 また、散布適期の幅が広く、葉令が進んだノビエやミズアオイ等の一年生広葉雑草、オモダカ等の多年生雑草に対しても優れた効果を発揮します。(メーカー確認事例:ノビエ5葉、ミズアオイ心形葉4葉、オモダカ矢じり葉3葉)
 幅広い草種に対し高い効果を示しますが、ホタルイやコウキヤガラに対しては効果が低いので、それら雑草が混在する圃場ではそれら雑草に有効な剤を使用してください。
※ ツイゲキ1キロ粒剤、セカンドショットSジャンボMX、バサグラン液剤、レブラス1キロ粒剤等

新規水稲中後期除草剤の紹介

新規水稲中後期除草剤の紹介

新規水稲中後期除草剤の紹介

新規水稲中後期除草剤の紹介

新規水稲中後期除草剤の紹介

【使用上の注意事項】
・土壌水分が少ないと効果十分発揮されないことがあるので、乾田または落水状態で散布する際は早め(3日以内)に入水してください。
・ホタルイ、コウキヤガラには効果が低いので混在する圃場では有効な剤と組み合わせて使用してください。
・幼穂形成期以降の散布で葉先の黄化や止葉の下垂がみられる場合があります。
・薬害のおそれがあるので重複散布は避けてください。
・使用した散布器具内の残液は他作物に影響を与えることがあるので、使用後速やかに所定の方法で洗浄してください。 洗浄方法はこちら


 ・使用方法の詳細等については、メーカーホームページをご確認ください。 
  https://www.kumiai-chem.co.jp/products/document/loyant-ec.html
 

【参考動画】 
1.新規水稲用中後期除草剤 ロイヤント™乳剤の除草効果
2.ロイヤント™乳剤 入水タイミングによる効果の差
3.手ごわいイボクサを一発防除。水稲農家の悩みを解消する「ロイヤント™乳剤」

2.ウィードコアTM1キロ粒剤
 「フロルピラウキシフェンベンジル」の他、「ペノキススラム」と「ベンゾビシクロン」を含有する3混剤です。
「フロルピラウキシフェンベンジル」により効果の発現が早く、高葉齢の雑草まで高い効果を発揮します。また、「ペノキススラム」と「ベンゾビシクロン」を配合することにより、一年生雑草から多年生雑草まで幅広い草種に対応します。
ホタルイに対しては4葉期まで効果がありますが、花茎抽出したホタルイには効果が劣りますので早めの散布をお願いします。 ※メーカーHPより

 

新規水稲中後期除草剤の紹介



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...