ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

令和2肥料年度 肥料価格について

2020/06/02
  • 営農情報

1.価格交渉の経過

(1) 令和2肥料年度(令和2年6月~令和3年5月)の価格について、弊会は組合員農家・会員農協を代表して、本年2月より各メーカーと個別に交渉を行ってきました。
(2) 弊会は組合員の営農コスト低減や農業生産基盤の維持拡大を着実に実践するべく、組合員・農協から結集された数量をもとに、交渉を進めました。
 

2.価格交渉の結果

弊会取扱主要化学肥料の平均で5.1%の値下げでの決定
(1) 輸入原料価格は、直近の為替状況を反映すると共に、尿素やりん安、加里等主要輸入原料の今後の国際市況変動を厳しく見通し、最大限安価に設定しました。
(2) 製造諸経費について、労務費や物流費が値上がりの環境にありますが、値上がり幅を極力圧縮しました。
 (3) 総額3億円の肥料価格対策を継続実施することとしました。

3.各種取り組み

 
肥料原料調達から道内の製造・流通および生産現場での技術対応までの各段階で、トータルコスト低減に積極的に取り組んでまいります。
また、現段階では新型コロナウイルスによる大きな影響はありませんが、原料の導入時期の前倒しや数量を上積みすることで在庫量を確保して、令和3年の営農に支障がないよう取り組んでまいります。

(1)原料調達
肥料原料調達において、近隣国からの原料導入による物流コストの低減と安価原料の導入に継続して努めてまいります。
また、新型コロナウイルスの影響によって、製品の安定供給に支障をきたさないよう、原料の早期確保に取り組んでまいります。
(2)製品供給
ア.系統結集に向けた予約取りまとめ推進の充実を図ります。
イ.予約に基づく製品の安定供給に努めます。
ウ.地域ニーズに対応した銘柄の設定に取り組んでまいります。
エ.施肥作業の省力化や新しい生産技術、良質な自給飼料(牧草)生産に繋がる銘柄の普及推進に取り組んでまいります。
(3)技術対応
土壌分析結果に基づいた適正施肥及び塩化加里銘柄の普及拡大を図ります。
 
※内容に関しての問い合わせは、下記にお願いいたします。
  ホクレン農業協同組合連合会 資材事業本部 肥料農薬部  肥料課 
      (TEL:011-232-6158 FAX:011-222-6370)
以 上



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...