ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

水稲における水管理システム導入による省力化について

2019/01/24
  • 営農情報

 水稲における水管理にかかる作業時間は全体の3割を占めると言われております。 
ホクレンでは、この水管理にかかる時間及び労力の削減を図るべく、㈱クボタケミックスが製造販売している水管理システム「WATARAS(ワタラス)」の実証試験を今年度全道8カ所で実施しました。
 

ワタラスとは?

水管理システム「WATARAS」は水田圃場の給水口(或いは排水口)に機器を設置し、スマホから水位を設定するだけで、自動で水管理ができる製品です。

詳細はこちら(カタログ)


 

水稲における水管理システム導入による省力化について

実証した地域の一つである東川町では、WATARAS(ワタラス)を設置した圃場を試験区、それ以外の圃場を対照区(圃場をブロック管理)として、10aあたりにかかる水管理時間を比較検証いたしました。東川町の二人の生産者にご協力いただき実証した結果、それぞれ26%と51%の時間削減率となり、水管理時間の削減が図れました。 

水稲における水管理システム導入による省力化について

また、実証にご協力いただいた生産者様のご感想として、削減できた時間でほかの作業ができたこと、労力削減につながったことなど、高評価をいただきました。
一方で、給水口のゴミつまりなどで止水できないことがシーズンに1回程度発生いたしました。

水稲における水管理システム導入による省力化について


 

水稲における水管理システム導入による省力化について

また、全国で設置されているWATARAS(ワタラス)ですが、北海道においては製品の越冬も課題でありました。しかし、昨年士別市で実証した越冬試験では、開発中の試作機ではありますが、製品の破損は発生せず、今年度も正常に稼働いたしました。     
 
今後もスマート農業に係わる最新機器の実証試験等の結果を皆様に情報発信し、営農にお役立ていただければ幸いです。 
 



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...