ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

圃場水管理システムで水管理労力72%削減

2018/01/11
  • スマート農業情報

圃場水管理システムの実証試験を実施

ホクレンICT推進課と米穀生産課では、今年度農研機構と連携してJA北ひびき管内の生産者圃場で「圃場水管理システム」の実証試験を実施しました。圃場水管理システムは水田の給水口又は排水口に機器(子機)を取り付けて、スマートフォン等の端末から遠隔制御で水をコントロールする製品です。今回は士別市上士別にある13.4haの圃場に、通信用の基地局(親機)を1台と給水バルブに取り付ける子機5台を設置し、水管理の遠隔制御および自動化による労力削減効果を検証しました。

実証圃場では水管理労力を72%削減!

実証試験の結果、実証圃場では対照圃場と比較し、10aあたりに要する水管理労力が72%削減される結果となり、圃場水管理システムの導入によって水管理労力が大幅に削減されることが確認できました。実証に協力頂いた生産者の方は「圃場水管理システムを設置した圃場については、水管理のための見回りを殆ど行っておらず、時間をかけなくて済みました。アプリはほぼ毎日チェックしており、アメダスの気象データが参考になって便利でした。」と導入の効果を実感されている様子でした。

岩見沢の圃場では水管理労力を95%削減!

農研機構が岩見沢市内の生産者圃場で行った実証試験では、10aあたりに要する水管理労力が95%削減される結果となりました。岩見沢の実証圃場は、総面積2.3ha3枚の飛び地圃場であるため、圃場数が多くかつ点在している圃場では労力削減効果が更に大きくなることが確認できました。圃場水管理システムを開発した農研機構の若杉上席研究員は、「水管理の省力化に加え、高品質・安定生産につながる水管理アプリなどを開発していきたい。」と意気込みを語りました。圃場水管理システムは平成304月販売開始予定であり、ホクレンでも取り扱いを検討しています。

圃場水管理システムで水管理労力72%削減

圃場水管理システムで水管理労力72%削減

圃場水管理システム概念図








 

圃場水管理システムで水管理労力72%削減

給水バルブに取り付けした子機の様子








 

圃場水管理システムで水管理労力72%削減

設置された親機(基地局)の様子








 

以 上



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...