ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

「平成30年1月~3月期配合飼料供給価格」について

2017/12/22
  • 営農情報

1.平成30年1月~3月期配合飼料価格
平成30年1月~3月期の配合飼料供給価格は、前期に比べ、為替が円安となり、とうもろこし、大豆粕およびそうこう類の輸入価格が値上がりしていることから、本会全畜種平均でトン当たり約1,500円値上げすることを決定しました。情勢は以下のとおりです。
 
(1)とうもろこし
とうもろこしのシカゴ定期は、11月9日発表の米国農務省需給見通しで、単収が市場予想を上回ったことなどから軟調な展開となり、現在は350セント/ブッシェル前後となっている。
一方、低調なシカゴ相場を受け生産農家は売り控えしており、内陸産地での集荷効率悪化から物流コストが上昇している。
今後は、南米のとうもろこしが生育期に入るが、乾燥気候による作柄悪化が懸念されており、相場は底堅く推移するものと見込まれる。
 
(2)蛋白質原料
大豆粕のシカゴ定期は、10月発表の米国農務省需給見通しで、米国産大豆の期末在庫率が下方修正されたことや、中国向けの大豆輸出需要が旺盛なことなどから堅調な展開で推移した。11月に入り乾燥気候による南米産大豆の作柄悪化懸念が高まったことなどにより、現在は360ドル/トン前後となっている。
今後は、生育期を迎える南米の天候や中国を中心とした需要動向に影響されながら推移するものと見込まれる。
 
(3)そうこう類
コーングルテンフィードは、異性化糖の不需要期に入り発生量が減少する一方、畜産需要は高まるため需給は引き締まる見通し。
ふすまは、低調な在庫状況であり、他そうこう類需給の引き締まりから更に引き合いが強まる見通し。
DDGSは、エタノールマージンが確保されているため生産は堅調である。一方、米国内の需要が旺盛であるため産地相場は堅調に推移している。
 
(4)脱脂粉乳
脱脂粉乳は、米国、ニュージーランドにおける生乳生産量の増加やEUの生乳生産量回復にともない在庫が積み上がっており、国際相場は軟調に推移している。
 
(5)海上運賃
米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は、9月初旬には40ドル/トン台前半で推移していたが、北米産新穀の輸送需要が本格化したことや原油相場の上昇などから値上がりし、現在は45ドル/トン前後で推移している。
今後は、輸送需要の更なる増加が予想されることから、堅調に推移するものと見込まれる。
 
(6)外国為替
外国為替は、9月上旬には109円前後であったが、世界的な株高により10月以降は円安傾向が続き10月下旬には一時114円台をつけた。その後、米国の経済政策に対する先行き不透明感が高まり、現在は113円前後となっている。
今後は、長期的には米国の利上げにより緩やかに円安が進むと予想されるが、当面は現行水準での相場展開が見込まれる。
 
2.配合飼料安定基金
平成30年1~3月期の補てん単価は、平成30年4月下旬の安定基金理事会で決定されます。 
 
3.相場チャート
    PDFファイルはこちら
 
 
【この件の問い合わせ先】
  ホクレン農業協同組合連合会 畜産生産部 飼料推進課
℡ 011-232-6185

                      以 上



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...