ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

平成29肥料年度 肥料価格について

2017/05/31
  • 営農情報

1.価格交渉の経過

(1)平成29肥料年度(平成29年6月~平成30年5月)の価格について、1月より各メーカーと個別に交渉を行ってきました。
(2)「ホクレン事業改革プラン」などの重点方策である「生産資材の更なるコスト低減」の着実な実践を念頭に、肥料価格を
   最大限に引き下げるべく、組合員・JAから結集された数量をもとに、メーカー各社に価格引下げを求め、粘り強く交渉を
   行ってきました。

2.価格交渉の結果

(1)メーカーとの交渉の結果、本会取扱主要化学肥料の平均で3.1%の値下げでの決定に至りました。
(2)決定にあたって、①輸入原料については、大きなリスクを抱えることにはなりますが、国際市況変動を厳しく見通し、
   最大限安価に設定しました。②総額5億円の価格対策を継続実施することとしました。③今肥料年度より、製造時期の集中
   による大量生産と一括納品のコストメリットを価格反映した安価な高度化成(ワイドユース)を設定するなど、肥料価格
   の最大限の引き下げを図りました。
(3)なお、複合肥料においては、一部窒素質原料や硝酸原料などの値上がりにより、銘柄ごとに価格変動が異なります。
 

3.その他のコスト低減に向けた取り組み

肥料原料調達から道内の製造・流通および現場での技術対応までのトータルコスト低減に、積極的に取り組んでまいります。
(1)肥料原料調達面において、近隣国からの原料導入による物流コストの低減に努めます。
(2)ワイドユースおよび省力化・コスト低減につながる高チッソ肥料(せひラクシリーズ)を新たに取扱います。
(3)土壌分析を活用した適正施肥の推進を継続して行ってまいります。
 
※内容に関しての問い合わせは、下記にお願いいたします。
ホクレン農業協同組合連合会 資材事業本部 肥料農薬部
肥料課 (TEL:011-232-6158 FAX:011-222-6370)



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...