ホクレンお役立ちNEWS

営農に役立つ情報発信中!

ホクレン

平成29年度 小麦実証圃場の調査について(3)

2017/05/26
  • 営農情報

ホクレン麦類課では、小麦の収量増加と安定生産の確立に向けて、実証圃場の設置に取り組んでいます。
恵庭市では、春播き小麦「春よ恋」で泥炭土と粘質土のそれぞれに適した施肥体系の検討を行っています。基肥増肥と幼形期追肥の2試験を設け、経時的に調査を行い収量性を評価します。
5月23日には、2回目の茎数調査を行いました。5月は平均気温が平年よりも高く、日照時間も多かったことから、生育は順調に進んでいます。泥炭土の方が粘質土よりも生育が旺盛でした。今後は幼穂形成期に追肥を行うとともに、経時的に調査を行っていく予定です。
 

平成29年度 小麦実証圃場の調査について(3)

泥炭土圃場

平成29年度 小麦実証圃場の調査について(3)

粘質土圃場



関連記事

トップページへ戻る


記事カテゴリー
おすすめの記事

Loading...